ヘッダーボトムライン

HOME > 営業案内 > 化成皮膜処理

化成皮膜処理

硫化や酸化などの化学反応を利用し、製品の表面に薄い皮膜を形成します。

リン酸マンガン処理(パーカーライジング)

リン酸マンガン処理は鉄鋼の表面に、不溶解性皮膜を生成します。防錆、耐摩耗性に優れます。


黒染め(フェロマイト)

黒染めは、鉄鋼製品の防錆処理として、また漆黒の仕上げを生かした装飾的な処理として実施されます。加工後の寸法変化もほとんどありません。

アロジン処理

アロジン処理(アルミニウム合金の化成皮膜処理)は、クロム酸化成処理とも呼ばれアルミニウムまたはアルミニウム合金の表面に酸化皮膜を形成します。耐食性が向上するほか、塗装密着性にもすぐれ塗装下地処理にも用いられます。
ページトップへ↑