ヘッダーボトムライン

HOME > 営業案内 > 鉛フリーカニゼンめっき(無電解ニッケルめっき)

鉛フリーカニゼンめっき(無電解ニッケルめっき)

Kanigen®(カニゼン®)とは?
 鉄、鋼、銅、黄銅、青銅、アルミニウムなどの製品に硬くて厚さが均一で、しかも耐蝕性の良いニッケル燐合金のコーティングを化学反応によって形成する方法です。
 KANIGENとはCatalytic(触媒的)Nickel(ニッケル)Generation(生成)の頭文字をとって KA-NI-GENと命名されました。
 Kanigen®及びカニゼン®は日本カニゼン株式会社の登録商標です。
[三大特徴]
特徴1. 母材の形状に関係なくめっき皮膜は均一なつきまわりを示します。
特徴2. 高寸法制度が得られます。(所要のめっき厚さに対し±10%以内)
特徴3. 非熱処理品はアモルファス構造で耐蝕性に優れ、熱処理により皮膜は結晶化し、高硬度を得られます。
 

カニゼンめっき面の性質

1.組成 Ni90〜92%、P8〜10%
2.比重 7.9
3.融点 890℃
4.皮膜硬度 非熱処理品:HV500(RC49)
熱処理品(400℃):HV900(RC67)以上
5.電気抵抗 めっきしたままで60μΩcm
400℃以上で熱処理すると1/3以下に低下13×10-6cm/cm/℃
6.熱膨張係数 13×10-6cm/cm/℃
7.密着力 軟鋼上の密着率が最も強く24kg/mm2
■熱処理温度と硬度の関係
熱処理温度と硬度の関係グラフ
カニフロンは、無電解ニッケル(カニゼン)皮膜中にフッ素樹脂(PTFE)の微粒子を、均一に分散共析させた複合めっき皮膜で、潤滑性・耐磨耗性・撥水撥油性等に優れ、従来にない表面処理が可能となり広い分野に使用さています。
カニフロン®は日本カニゼン株式会社の登録商標です。

 ■テフロン含有膜
 ■非粘着・低摩擦性
 ■三種類の含有濃度の選択により用途別選択が可能


  カニフロン撥水性
カニフロンの種類 S(超高含有)タイプ A(高含有)タイプ B(低含有)タイプ
テフロンの含有量 30〜35Vol% 20〜25Vol% 3〜7Vol%
特徴 自己潤滑性
離型性
非粘着性
撥水性
自己潤滑性
離型性
非粘着性
撥水性
自己潤滑性
離型性
耐磨耗性
 Ni(ニッケル)・P(リン)・B(ボロン)の三元合金皮膜です。皮膜特性としては、膜厚の均一性、硬質クロムと同等の硬度を有すカニフロン低含有相当のスベリ性があげられます。従って、硬質クロム相当の硬度を必要とし、かつ、寸法精度が要求される摺動部品に最適です。
 さらに対衝撃性・耐熱性に優れ、自動車部品などの衝撃摩耗部や高温部に適しています。 また、ハンダ付け性・導電性に優れ、弱電関連部品のボンディング部や接点部に適しています。
  カニボロン®は日本カニゼン株式会社の登録商標です。

 ■めっきしたままの硬さがHV700
 ■耐衝撃性
 ■耐熱性
 ■耐摩耗性は通常無電解ニッケルの3倍以上
  カニボロン

適用性

■適用性一覧
特性 カニゼン カニボロン カニフロンS カニフロンA カニフロンB
皮膜硬度
 
電導性
潤滑性
離型性
耐衝撃性
耐熱性
ボンディング性
     
低反射性
       
耐摩耗性
 
ページトップへ↑