ヘッダーボトムライン

HOME > 営業案内 >ショットピーニング

ShotPeening ショットピーニング

Shot(ショット)    :鉄などの鋼材でできた丸くて(球状)小さい、投射材のこと。
Peening(ピーニング):叩くこと。

 ショットピーニングとは、ショット(投射材、メディア)をワーク(加工物)に遠心力や空気圧等の熱以外のエネルギーを用い、高速に強烈に打ち付ける(衝突させる)表面処理です。
 ワーク(加工物)の表面は、球状ハンマーで叩かれたような状態になり、以下のような表面改質効果を得ることができます。

 使用されるわかりやすい例としては、長時間連続して酷使され、金属疲労を起こしやすいところの歯車、バネ、カムなどの部品があります。宇宙航空・自動車・発電所のタービンなどに利用されています。

 再結晶温度以上で行われる熱間加工と比較すると、温度変化を伴わないので精度が良い。また、加工硬化によって強度が上がるなどといった利点があります。

<冷間加工と熱間加工の違い>
冷間加工 熱間加工
加工温度 ・再結晶温度以下 ・再結晶温度以上
特 徴 <メリット>
・過度の温度をかけないため、精度の
 良い加工が可能。
・塑性変形によって硬さが増す加工
 硬化によって強度が上がる。
<デメリット>
・加工には、大きな力をかける必要が
 あり、残留応力が蓄積る、粘り強さ
 が減少する、といった弊害がある。
<メリット>
・高温で行うため、加工がしやすい。
・意図的に、加工硬化を起こしたくない
 場合には有効な手段。
・変形に要する力も少なくてすみ、
 残留応力も少なくなる。
<デメリット>
・表面平滑度を上げる、精度の高い
 加工をするといったことが難しい。
ページトップへ↑
お問い合わせ下さい!